今はベンゾジアゼピン系の睡眠導入薬が主流で、それまでの非バルビツール酸系やバルビツール酸系の睡眠導入薬と比較すると安全だといわれています。 それでもベンゾジアゼピン系の睡眠導入薬がまったく副作用が無いわけではありません。 主な副作用としては反跳性不眠や持ち越し効果、などがあります。 反跳性不眠というのは睡眠導入薬の服用を止めた際に発生します。 今まで薬に頼っていた人が急に睡眠導入薬の服用を停止するとかえって不眠の状態がひどくなる現象のことです。 他にも服用を停止すると頭痛やめまいなどの症状が出ることがあります。 それ以外にも痙攣やひどい場合は幻覚のような症状が出る場合があります。 良く聞く麻薬の禁断症状などもこの部類ですね。 次に持ち越し効果についてですが、こちらは作用時間が長い睡眠導入薬を使用した場合に発生します。 朝起きようと思っても薬の効果が残っているために、すっきり起きれない、もしくは起きてもだるく、眠気が残ったような感じのことです。
睡眠障害 サプリメント

夜なかなか眠れない人や夜中に起きてしまいその後目がさめてしまってなかなか寝付けない睡眠障害の人が最近増えています。
私もその一人です。
お酒を飲めばとりあえず眠れるのですが夜中に起きてしまい、トイレに行った後、もう一度寝ようとするとなかなか寝付けません。
睡眠薬は病院にいかなければもらえないし、そもそも薬に頼るのもいやだし、依存してしまうのもなんだか怖いです。
そんな方のために睡眠導入効果のあるサプリメントがあるそうです。
味の素やライオン有名なメーカーでも販売しています。
一般的なサプリメントに比べると若干値段は高めですが、薬ではないので安心できます。
ものによりますが、天然由来成分のみのサプリメントが多いようです。
いわゆる薬のような錠剤タイプのサプリメントが多いですが、マインドガードDXのような液状のドリンクタイプのものもあります。
症状によっては病院に通院して医師に診察してもらう必要もあるかもしれませんが、まずは睡眠導入サプリメントを試してみるのも良いと思います。